CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
DIGITAL BREATH
DIGITAL BREATH (JUGEMレビュー »)
AFRA
メルマガ創刊号でご紹介したのが、コレ。CDは今ひとつだけど、DVD(特にライブシーン)は必見です。
RECOMMEND
未来世紀ブラジル
未来世紀ブラジル (JUGEMレビュー »)

これ、僕が最高に好きな映画です。テリー・ギリアムが監督した作品は、相当好きです。
RECOMMEND
Women's World Voices, Vol. 2
Women's World Voices, Vol. 2 (JUGEMレビュー »)
Various Artists
写真もない位マイナーなCDですが、僕がここ5年くらいに聞いたCDの中ではBest3に入ります。切なく甘い音楽です。
RECOMMEND
Next Wave
Next Wave (JUGEMレビュー »)
MONDO GROSSO, Blu, LORI FINE, saigenji, BoA
僕はハウスと言うジャンルのDJをしているのですが、それがどんな音楽なのか知りたい方は、このCDをお聞きください。最高です!
RECOMMEND
超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・
超人気キラーブランドの始まりは、路地裏の小さなお店から・・・ (JUGEMレビュー »)
岸★ 正龍
一番最初は、自分の本を宣伝しときます。「魂が揺さぶられた」と嬉しい感想をたくさんいただきありがとうございました。
MOBILE
qrcode
<< まだ続く、大家への怒り | main | メルマガの原稿で疲れ果てました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
お待たせしました。古都・京都part2
さてそれでは、
12/15に京都について出したままになっていた問題の
回答編といきたいと思います。

と言いましても、
これからお話しすることが絶対の答えというわけではなく、
僕なりの回答って訳ですが・・・

では!

多分京都がブランドになった大きな点は、
国鉄(今はもちろんJR)のキャンペーンと
密接な関わりがあると僕は睨んでいます。

その前提として、京都に新幹線の駅があったというのが
大きなポイントなんですけどね。

古い話で恐縮ですが、
1970年の大阪万博終了後に
ディスカバー・ジャパンって言うキャンペーンを
国鉄が張りました。

覚えてますか?

国内にもまだまだたくさんイイところあるから
国鉄乗って遊びに行きましょ、ってキャンペーンです。

その流れで確か76年か77年に
山口百恵の「いい日旅立ち」をバックにした
いい日旅立ちキャンペーンが始まったわけです。

その中のどこのタイミングかもう忘れてしまっていますが、
京都がクローズアップされたと思うのです。

(スイマセン。
これ、ひょっとしたらJR東海の
「そうだ!京都に行こう!」キャンペーンと
ごっちゃになっている可能性があります)

で、何が言いたいかというと、
京都はこのキャンペーンによって
「京都らしさ」って言うのを広く広めることに成功した


って言う事。

もちろん元々京都に歴史的な遺産や味のある街並みや
舞子さんや芸子さんや鴨川や河原街や木屋町があったことは
ブランド化の基礎の基礎となっています。

でもそれを言うなら、
奈良にだって歴史的な遺産や味のある街道や
鹿や温泉や三条通りや
そりゃあ規模で言ったら京都よりは小さいかもしれないけど
でもブランドとして立つには充分なものを持っています。

でも奈良はブランドとして立っていない。

それは
奈良が「奈良らしさ」というものを
大きな声で発信する術を持っていなかったから。
もっとぶっちゃけて言えば、
奈良に新幹線の駅が無かったからだと思うのです。

もし新幹線の駅が
もし京都ではなく奈良にあったら
「そうだ!奈良に行こう!」キャンペーンになっていたわけで
だとしたら京都よりも奈良のほうがブランドになったと思うのです。

実際先ほどちょっとリンクを貼った
「そうだ!京都に行こう!」キャンペーンって、
もう10年も続いているのですよ!

しかもそのキャンペーンをまとめた本まで出版されています。
そうだ京都、行こう。淡交ムック


えげつない言い方ですが、
これって京都がJRに10年間にわたって

ただで宣伝してもらっているってこと。

しかも、ブランディング付!

るるぶなんかの旅行雑誌が取り上げる
京都の今のブランドイメージって、
このJRキャンペーンに引っ張られているって感じるのは
僕だけではないと思います。

って、
僕としてはこんな感じの答えを思いついたわけですが、
反論 or 付け足しのある方は
ガンガンとコメント書き込んでくださいませ。
| ブランディング | 15:22 | comments(4) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:22 | - | - |
コメント
おはようございます。
な〜るほどなあ、僕の考えはちょっとピントがはずれてて
お恥ずかしい☆
納得です。京都駅はどんどん大きく肥大化してますが
奈良駅は、改装中でどんどんかっこ悪くなってます。
前の建物は展示物として保存されるそうですが。

妻が奈良出身なので、よく新幹線が通ってないねえ〜ってからかってたのですが。そこは思いつかなかったです。
| わくわくアトム | 2004/12/19 9:16 AM |
わくわくアトムさん いつもありがとうございます

あの、自分で答えておいていうのはおかしいかもしれませんが、
僕が書いた回答だって
正解かどうかはわかリません。

わくわくアトムさんの書いてくれた回答だって
不正解って訳じゃ全然ありません。

僕が大事にしようって思っているのは、
色んなことを自分なりに解釈しようって考えてみることで、
もっと言うなら
それについて他の人が考え体験を聞きながら
なるほどなぁ!
ってその意見に触発されることです。

だから
わくわくアトムさんが書き込んでいただいて事は
すごく嬉しかったです。

これからもガンガンとお願いします!
| 岸★正龍 | 2004/12/19 5:49 PM |
マサオで〜す。

なるほどですね〜。

たまたま京都が、波に乗っちゃったって
ことですかね。

ということは、ブランドになろうとして、なる場合と、
自然とブランドになる場合があるということですよね。

京都の場合は、いろいろな要因がそろっていて、
そこにJRの波が起きたということですね。

努力だけではなく、波も大事ってことですね。
波を待つ、努力も大事かな・・・。
| マサオ | 2004/12/20 10:53 AM |
マサオさん こんばんは

いや、マサオさん、いいこと言いますねぇ。
マサオさんのいう通り、
僕は京都は自然とブランドになったと思っています。

その仕掛け人がJRのキャンペーンであり、
それに追随した旅行雑誌だと。

それにしても、
波を待つ、努力。
けだし名言です。
| 岸★正龍 | 2004/12/20 7:18 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sarugashira.jugem.cc/trackback/43
トラックバック